トップページ >  > メールアドレスを聞くには

メールアドレスを聞くには

ネットお見合いを利用して、気に入った相手が見つかったら、
いよいよ実際にやり取りが始まります。

たいていの場合、サイトの機能で、メッセージを交換することができますが、
送信や受信に費用がかかる場合、なかなか頻繁にやりとり出来なかったり、
そうではない場合でも、直接のメールと比べてタイムリーに連絡ができなかったり、
積極的に交流を深めたい場合には、ストレスになりますよね。

相手に興味が出れば出るほど、できれば直接携帯のメールアドレスでやり取りをしたいものですが、
どのタイミングでメールアドレスを教えてもらえば良いのか?なかなか難しいのが現実です。


オーネット
本格ネットお見合いならココ!


アイキューピット
合コンやパーティーならココ!


エキサイト恋愛結婚
手軽に真剣なお相手探し

メールアドレスは自然な流れで聞くのが一番

まず、サイトのメッセージ機能でやり取りをしている間は、
まだお互い実際に会った事も無く、写真やプロフィールのみの情報誌かない状態で、
徐々に踏み込んで自己紹介をしていく、という様子見の期間です。
返信があるのは、相手も気に入ってくれたからではなく、
メッセージをもらったから礼儀として返信をくれている場合もあります。
ですから、やり取りが始まって数回で、直アドレスを聞くのは、
相手にしてみれば急激に距離を詰めてこられて逆に引いてしまうことにもなります。

できれば1週間くらいこの様子見期間をもうけ、お互いに少しは打ち解けて来たかな?と感じられたら
「よかったら直アドレスでメールしませんか?」と聞いてみましょう。
ただ、自分が思ってるほど相手が打ち解けてなかった場合や、
なかにはとても慎重派な女性もいますので、もし断られた場合は、
再度メッセージのやり取りを重ね、信頼関係が築けてから、もう一度聞いてみましょう。
それでもダメだった場合は、残念ながらフェードアウトした方が良いかもしれませんね。

また、相談所の仲介で直接顔を合わせたり、お見合いパーティーに参加した場合など、
相手が目の前に居る場合は、それほど難しい事ではありません。
会話の流れで、お互いよい雰囲気ならば、ストレートに、
「よろしかっったらメールアドレスを教えてもらえますか?」
と、聞けば良いだけです。
アドレスを聞かれるというのは、女性にとっても「自分に興味をもってくれた」、
という自信につながりますので、今後少しでも可能性がある相手であれば、
まず断られることはないでしょう。
逆に面と向かって断られる場合は、脈なしか、慎重なタイプの女性かのどちらかになるので、
しつこく聞かずに、他の連絡手段で何回か連絡してみて様子を見る、
またはすっぱりと諦めて別の人を探しましょう。
女性は、最初の印象で、「この人はちょっとそういう対象じゃないな」と思ってしまった相手には、
どんなに押してもなびくことは少ないため、婚活を成功させるなら、引き際を見極めるのも重要です。


イチオシの「ネットお見合い」はココ!
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
もっとも手軽で、人気が高いサイト

エキサイト恋愛結婚
身分証明書提出義務があり、伊藤忠グループで信頼度が高い。
通常の出会い系ではなく、真面目に相手を探している方にオススメ!
定額制なので余計な費用を気にせず安心をして利用できるのも魅力。
エキサイト恋愛結婚の詳細はコチラ

注目ネットお見合いランキング!

出会える 人気ランキングBEST3

やはり、出会える相手が多いなら付き合える可能性が高いです。
そんな出会えるサイトというのはどれなのかご紹介。

出会える 人気ランキングBEST3はコチラ
リーズナブルなサイト 人気サロンランキングBEST3

気になるのが利用料です。
リーズナブルなサイトのランキングをご紹介。

リーズナブルなサイト 人気サロンランキングBEST3はコチラ